希少価値のある記念品はノベルティです

ノベルティとは、記念として配られる粗品の事です。またオリジナルティのある商品として、貰える品物の事でもあります。これは希少なイメージのある、ここでしか貰えない価値のある商品として人気です。つまり非売品を意味しますので、欲しくなるノベルティ記念品です。その為に店舗のピーアールや集客率を上げる為に行います。ですからオープン記念や購買価格に応じて貰える商品として利用されます。ノベルティ効果とは、収益を上げる効果と知名度を高める効果等です。この購入方法は、専門のショップがあります。そこから店舗名やブランド名を記載できますし、オリジナル性が生まれています。特に有名ブランドの粗品は、オークション等では高値で取引がされる人気商品もあります。その特別感が魅力の一つで、専用のコレクターもいます。その為に企業のサービス商品として、活用がされる希少価値のある記念品です。

ノベルティグッズの使われ方

ノベルティグッズは、本来企業の側が自社そのものや自社製品の宣伝として作っていたもので、より多くの人に知ってもらうきっかけとして、販売促進用のものとして存在していました。しかし、グッズそのものが数量限定であることから、中にはプレミアムが付き、ネットオークションで売買されることが多くなっています。グッズそのものは無料で手に入れることができることから、落札されると丸々が利益になりますが、一般的に知られる目的で作られたものが利益の為に、一部の人間の間でやり取りされるのは、ノベルティの本来の目的があまり機能していない時代になりつつあると言えます。プレミアムについて、記憶に新しいところでいくと東京駅開業100周年記念suica。限定1万5千に対して希望者が殺到し、結局希望者全員に行き渡ることになりましたが、あの時も限定ということから、即時にオークションに上がっていました。なんでも利益に結びつけてしまう昨今の考え方は、ノベルティグッズ含め使用方法を考える必要があるのではないか思われます。

お店とお客さん双方にメリットがあるノベルティ

人気のアパレルショップやセレクトショップで配られるノベルティは、とても人気が高くすぐに在庫がなくなってしまうようです。お店で決められた金額を買い物した人や、限られた期間だけに配布されるものなので、誰にでも手に入れられるものではなく非常にレア感があります。近年はノベルティのクオリティ自体も上がっており、トートバッグや手袋、ハンカチ、ポーチなど実用的な品物も多いです。ましてや、そのブランドのオリジナルですから、ファンにとってはたまらないでしょう。お店の方としても、ノベルティは集客効果が高いので用意する価値があります。バッグなど、持ち歩くものには大きくブランドのロゴをいれるなど、工夫が施されています。このような工夫が宣伝効果につながり、新たなお客さんを呼び込むことなります。お客さんと店の双方にメリットがあることが分かりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です